ゆあちゃがつづるスポーツのこと


by NAGASUPO2

スーパーボウル

少し前ですが、スーパーボウルが行われました。

このアメフトの全米の一を決めるスーパーボウルは日本ではあまり知られてないですが、
オリンピック、サッカーのチャンピオンズリーグファイナルに並ぶ世界的なビッグイベントです。
ハーフタイムショウでは毎年すごいビッグなゲストがライブを行います(しかもノーギャラ)、今年はレディーガガで日本でも話題になってましたね。
試合は第一シードで現役最強クォータバッグと言われるブレディー擁するペイトリオッツ対今年MVPのクォーターバッグ、ライアン擁するファルズ、拮抗した試合が予想されました。
試合が始まると、第1クォーターは静かに始まり0−0で終了、第二クォーターからまさかの展開にブレーディがいつもと違いリズムが悪く、
スリーダウンアウトを繰り返し、QBサックもくらいまったく攻撃が機能せず、守備でもタッチダウンを2度許し挙句に今シーズン2度しか許していないのに、この大一番でインタセプトタッチダウンを許し、まさか、まさかの前半終了で21対3!
正直これで勝負ありと思いました。
素晴らしい、レディーガガのライブの後
後半3クォーター、ファーストドライブでファルコンズがタッチダウンに成功これで28対3 25点差、完全にファルコンズで決まりと思いました(多分みんなが)
しかしブレディーは諦めていなかった。
この時間帯からブレディーのリズムが徐々に戻ってくる、
ラン攻撃も出て流れはペトリオッツヘ



第3クォーターペイトリオッツがタッチダウンに成功、しかしキックは失敗しスコアは21対9に、このまま4クォータに突入。
ペトリオッツ最初の攻撃はフィールドゴール、28対9に16点差 2タッチダウン+2ポイントコンバージョン差で残り8分。
ファルコンズで決まりと思っていたら、ここでまさかのファルコンズ痛恨のファンブルからのターンオーバー。
このプレイから流れは完全にペイトリオッツ、ターンオーバーからの攻撃はすぐにタッチダウンそして2ポイントコンバージョンも成功、
そして次のファルコンズの攻撃はフィールドゴールの狙える位置まで行きながら、
反則で罰退でパントに残り3分でペイトリオッツの攻撃へ
この攻撃も勢いそのまま、タッチダウンそして2ポイントコンバージョンも成功。
そしてスーパーボウル史上初のオーバータイムへ!
こうなれば勢いは止まらず、オーバータイムで最初の攻撃でペトリオッツがタッチダウンで試合終了!

大逆転でした。
スーパーボウル史上最多得点差から逆転、初のオーバータイム色々な記録があった試合でしたが、
スポーツはとにかく最後まで見ていてないといけないと思いました。
正直、レディガガのライブの後出かけようと思いましたが行かなくて良かったです、流れというの怖いと思った試合はありませんでした。
ブレイディは恐ろしい選手でした、どんなに点差がついても冷静で流れを待ち、流れが来れば確実にタッチダウンを決めていきチームを
完全に流れに乗せゲームをひっくり返しました。
いやーすごい試合でした、来年のスーパーボウルが今から楽しみです!







[PR]
# by NAGASUPO2 | 2017-02-20 00:58 | アメフト

復活!

フェデラーが復活しました!
相手はこちらも復活したかつて、ランキングNo1を争ったナダル。
お互いに限界が囁かれた二人、かつては何度も決勝でやりあったライバルです。
その二人が全豪オープンで決勝で対決!
世界のテニスが待ち望んだこの試合、やはりこの二人は別格でした。
ナダルは相変わらずのフットワークで拾いまくる、そして強烈トップスピンが隅に決まる、
フェデラーも完全に復活、往年の美しいバックハンド、強烈なサーブ、正確なパッシングショットで抜きまくる、こんな感じで、
試合は白熱した好ゲーム。
第1セット接戦からフェデラーが先取、第2セットはフェデラーのフォアが乱れナダルが取り返す。
第3セットはフェダラーの圧倒、ナダルに1ゲームしか与えずフェデラーが奪取。
第4セットは、またもやフェデラーが乱れナダルが取り、最終セットへ最後は互角の打ち合いから、第8ゲームフェデラーがブレイクそして
第9ゲームサービスキープ これでフェデラー5年ぶり優勝!
いやー凄い試合でした。
お互いスーパーショットの連続で約4時間テレビの前から動けなかったです、
フェデラー.ナダルには、まさかの早期敗退したマレー.ジェコビッチを倒して”完全復活”して欲しいです。

おめでとうフェデラー!!

b0145095_00511161.jpg








[PR]
# by NAGASUPO2 | 2017-02-01 00:55 | テニス

さすがです。

b0145095_23462067.jpeg
今シーズン、ユベントスにイグアインがやって来ました。
しかも移籍金100億円!セリエA久々の大物移籍(イタリア国内やけど)
プレシーズンでは、太り過ぎやでぶや豚やと言われてましたが
シーズン始まると、走るし、シュートはヘディング、ドリブルからのシュート、ボレー、ミドル
フリーキック以外は何でも取れるマルチストライカー。
しかも今はユベントスはまだ試行段階、ピアニッチはまだフィットせずディバラは怪我
相棒は近いタイプのマンジュキッチ、それでも内容が悪くても彼の一発で取って、後は守って勝ってしまう。(守れるのも凄い事ですが)
今節の首位決戦ローマ戦でも内容は良くないけど、イグアインの一発とブッフォンのスーパーセーブで勝利しました、これからディバラの状態が上がりピアニッチがローマ時代の活躍ができれば、今年は3冠いけるかも!
[PR]
# by NAGASUPO2 | 2016-12-21 23:44 | サッカー

クラシコ!

クラシコを見ました!
毎年早起きしてみてますが、バルサは凄かったですね、モウリーニョパワーでもしかしたら、引き分けかレアル勝つかなと思っていましたが.....5-0とは、しかも終始攻撃しっぱなし、これだけ一方的な試合とは、まさか思わなかったです。とにかくバルサの中盤とメッシのボールまわしが相手がレアルとは思えない位でした、なんか相手が格下の2部のチーム相手しているようでした、スペイン代表みたく廻すだけでなく、フィニッシュも完璧でまさに完勝でした。ただあの出来のバルサなら負けるにしても、レアルももう少し意地をみせて欲しかったです。
特にC.ロナウド、2-0の時間帯が結構長かったので、そこで個人技で局面を突破して1点取れればゲームは全然違ったはずです、ふだん大口たたいている130億円の男の仕事はできてなかったですね、がっかりしました、やはりマンチェスター時代と同じビッグマッチで仕事ができない、話題先行の選手だと感じました。
しかし、クラシコは所詮ただのリーグ戦の一つ、来週バルサが負けレアルが勝つと首位は変わります、両チームこの試合が大事、レアルは切り替えて勝つのか、バルサはこのまま突き進むのか、注目です!
[PR]
# by nagasupo2 | 2010-12-01 16:09 | サッカー

行って来ました!

行って来ました、静岡清水のアウトソーイングスタジアム(日本平)
友人が住んでいるので、何度も足を運びましたがサッカー観戦は初めてです。
西京極のように駅の近くにスタジアムがないので、スタジアムに向かう最中からオレンジのシャツを着て、歩きまたは車で送ってもらってゾロゾロとスタジアムに向かっていました。
雰囲気が西京極とは違い、なんかサンガより近い距離のファンが地元のチームを応援しにきている感じでした。スタジアムに入り席に向かいました、席はアウェーサポーター席、相手は京都サンガですが、サンガサポーターは50-60人くらいで、端に追いやられていました、アウェー席でもオレンジのユニフォームの人が多くいました。
しかし、サッカー専用スタジアムは雰囲気が全然違います、席とピッチが近ので選手もすごく近く感じ西京極とはえらい違いやと思いました。
試合は降格争いの京都サンガとまだ優勝の可能性を残す清水エスパルスの試合なので、清水がボールを保持しながら攻撃し京都がカウンターを狙う展開と思っていたら、逆の展開で京都がキックオフから猛攻を仕掛けます、さすが降格圏どっぷりとはまっているだけに、引き分けもいらんという感じが伝わってきました。しかし最初の清水のカウンターでミドルシュートをどかーんと決められ清水先制、京都はボールは保持するのですが、なんか決定機のにおいのしない展開、清水もカウンターを仕掛けますが、FWの動きだしが遅くはまらない感じでした。そんな感じで前半終了。
目立ったのは京都ドゥトラの無駄な動きと(運動量は凄い)小野伸二の上手さでした。ハーフタイムに京都のサポーターと話したのですが、京都から車で来ていると言ってました、静岡より遠い場合はバスで来るらしいです。まぁ遠いとこから大変やと思いました。
そうこうしてると後半が始まりました。後半もサンガペースでゲームは始まりました、後半は京都の攻めが近くで見れたので、気が付いたのですが京都の柳沢選手は動き出し特にオフザボールの動きが素晴らしかったです、あまりボールは出なかったですが......
なんか、得点の臭いのしない京都の攻撃が続いていたのですが、後半の後半位から攻守のリズムが早くなってきて、京都は2バックという思い切った布陣で人数をかけて攻めてきました、当然清水のカウンターは決定的なものとなり、面白くかったです、そしてロスタイムにディエゴがヘッドで決めて同点そして試合終了。
1-1ドローでした、最後の20分はとても面白かったです。
清水はパスの出して小野伸二がいるのですが、受けてのFWの動きが少なくもったい無く感じ、皮肉にも京都は動き出しのいい柳沢に出せる選手が不足していました。いつか、二人が同じチームでやれればと思いながら、帰路につきました。
とにかくサッカー専用スタジアムはいいというのが、感想です。今度 キンチョウスタジアムに行こうと思いました!
[PR]
# by nagasupo2 | 2010-10-24 19:19 | サッカー